「アタチが、くうきぬき、てつだったげる!」